例 会


仏具のお磨きの様子    
日曜礼拝
長ノ木本坊
蔵本通支坊
日曜学校
(子ども会)

お経会
長ノ木本坊
蔵本通支坊
三津田支坊

壮年会
婦人会

長ノ木本坊
蔵本通支坊
三津田支坊

ご命日最勝講法座
長ノ木本坊
 白道会  水鷦(すいしょう)の会
−たえさんと話そう−

目次へ
トップへ





日曜礼拝 長ノ木本坊 毎週日曜日7時30分〜8時10分頃
正信偈と『三帖和讃』の繰り読みと5分間のご法話
蔵本通支坊 第1・第3日曜日 朝9時〜10時
正信偈と『三帖和讃』の繰り読みとご法話
ご命日最勝講法座  真宗門徒にとって、親鸞さまのご命日は、特別な意味があります。この日は、門徒は皆いつもとは違う1日を過ごしてきました。ご命日の法要にお参りし、1日お精進して過ごすのです。
この法要について、1832(天保3)年の広如門主のご消息(お手紙)に、
「そもそも最勝講は何のためぞといふに(略)弥陀の本願を信じて往生極楽の素懐をとぐべきためなり」
とあるように、ご命日につとまる法座(最勝講)は、単に宗祖を偲ぶ法会ではなく、私たち自身の救いのための法会なのです。170年以上続く伝統の法座にあなたもお参りしてみませんか?

日時)
場所)
講師)
参加費)
お斎) 
毎月16日 8時30分〜11時15分
西教寺長ノ木本坊(長ノ木町16-10)椅子席です。

西教寺僧侶(たまにゲスト)
お賽銭のみ
お斎(おとき=仏教徒の食事・精進料理・300円)を希望される方は、当日8 時までに、お寺(2 1 -3714)か最寄の講中(こうじゅう)までお申し込み下さい。

講中(こうじゅう)とは、講(≒会)のメンバーのことです。講中になると、当番制で年1回程度お斎の手伝いをします。また、講中はお斎が100円安くなり ます。お米持参でもう百円安くなります。お寺(21-3714)か講中最寄の講中まで。

お経会 長ノ木本坊 毎月23日 9時〜10時30分 『往生礼讃』を練習中 
お問い合わせ 0823-23-3253(春名)
 
蔵本通支坊 朝の部 毎月10日 9時〜10時30分
・初級コース…2月・4月・6月・8月・10月・12月
・「正信念仏偈」と 『三帖和讃』3月・5月・7月・9月(11月休み)
お問い合わせ 0823-23-8263(小泉)
  
夜の部 毎月30日 9時〜10時30分
・初級コース…2月・4月・6月・8月・10月・12月
・「正信念仏偈」と 『三帖和讃』3月・5月・7月・9月(11月休み)
お問い合わせ 0823-22-8731(古塚)
婦人会 長ノ木本坊 ダーナ募金・報恩講お斎・おみがき・清掃報謝・研修会(年間1回)・総会・花まつり・初参式・入園入学奉告式ほか
会費 300円
蔵本通支坊
三津田支坊
水鷦(すいしょう)の会
−たえさんと話そう− 
蔵本通支坊  釋水鷦(しゃくすいしょう・前川たえこ)さんのご法話と交流会です。
毎月1回(日程はお寺にお尋ね下さい0823-21-2798) 参加費500円
釋水鷦さんのプロフィールと花巡礼(講演と交流会)のご案内

COPYRIGHTS()灰峰山西教寺 ※このホームページの記事・写真の無断転載を禁止じます。